薬剤師の求人って?

薬剤師はひじょうに高度の教育を受けた後、国家試験に合格した人のみが就ける職業です。

大学における在籍期間も6年間で、これは医学部と同様です。

薬学部を卒業した人の多くは大学病院を中心とする全国の病院や診療所、調剤薬局、また製薬メーカーなどに就職しますが、この他にも介護関係の施設に就職する人や、食品、化粧品などを製造する企業に就職する人もいます。

薬剤師は給与の面から見ると、通常のサラリーマンよりは優遇されている場合もありますが、あくまでも経験豊富な薬剤師の場合に限ります。

経験さえあれば、子育てなどでいったん休職したような場合でも、復職することは比較的容易です。

しかし資格を取ったばかりの新米薬剤師となると話はまったく異なります。

はっきり言って薬剤師の業界では、新米薬剤師の最初の1年間はまともに仕事ができない、つまり現場で学ぶべきことがあまりにも多すぎるということになります。

薬剤師でも密かに知識を積んでキャリアアップを図る人は多くいますが、どの分野でも努力するほど求人の枠も広がることは間違いありません。

また薬剤師に関しては将来的に薬剤師の数が増え過ぎるのではないかと言う懸念があります。

これは少子化によって子供の数が減少することにより、入学してくる学生数が減ることに危惧感を抱いた大学が、やたらと薬学部を乱立したことに原因があります。

このような時代には求人に関してもフレキシブルに対応することが重要です。

あまりにも大学病院や調剤薬局にばかりこだわると、企業からの優遇された条件をみすみす捨ててしまうことにもなりかねません。

あくまでも求人の間口は広く開けておきましょう。