神前式?

みなさんなら、神前式にしますか? 日本ならではのブライダルと言えばやはり「神前式」ですよね。
文金高島田に羽織袴、三々九度等、厳かな日本古来のブライダルとして、根強い人気があるのです。
教会式でウェディングドレスと言うのも女性としては憧れですが、こうした昔ならではの大和撫子に憧れる正統派の結婚式をしたい人も少なくないのですね。
神前式も行う場所は、いろいろあって本物の神社で行う人がいたり、ホテルや結婚式場にある神殿で行ったりと、場合に応じて選ばれているのです。
但し、教会式と違い親族しか呼べなくて友達が参列出来ないデメリットがあって、敬遠されている時期もあったようです。
今は、場所によっては数人であれば友人の参列を認めている所もあるようなので、事前に確認してみると良いですよね。
神前式の流れなのですが、本殿に入場をしてお祓いをします。
そして、祝詞を歌い神前で結婚の報告をします。
お神酒で、三々九度を夫婦二人で酌み交わす事で、結婚の契りを結ぶのです。
その後、誓いの言葉を述べて、玉串を神前に捧げます。
最後に指輪交換を行い、新郎新婦がいただいたお神酒を親族が、いただいて終わりです。
ですから、基本的には結婚式も一生に一度と言う事になるのです。
着たい方の式を選んでも良いと思うのです。