みなさんには、「宝塚歌劇団=歌」というイメージはないですか? 宝塚歌劇団の団員であるなら、まず歌を歌えなければいけないのです。 そのために、2年間の音楽学校に通うことになるのです。 宝塚音楽学校は、宝塚歌劇団員養成所で、学校教育法においては各種学校として分類されているのです。

もちろんのことですが、阪急電鉄の出資です。 理事長や校長などは、阪急関連の企業が兼任しているのです。 しかし、歌だけではありません。 宝塚歌劇団では、歌って踊れなければならないからですね。 声楽、バレエ、日舞など、みっちりレッスンを受けるのです。

その他にも、モダンダンス、タップダンス、演劇、ピアノなどもあるのです。 彼女たちは、練習でとても忙しいのです。 学校そのものは、土日が休日になりますが、スミレ寮と呼ばれる宿舎でも、レッスンをしているのです。 創始者の小林一三の「朗らかに、清く、正しく、美しく」の教えを今も日気づいていることは、とても有名ですよね。 毎日、早朝から予科生が、けいこ場を丁寧に掃除しているのです。 戦前は、女士官学校と呼ばれるように厳しいことで有名でした。 就業年間は、2年間ですが、卒業水準を満たさなければ留年と言うことになります。 とても難関の学校であるために「東の東大、西の宝塚」と言われることもありますよね。

関連ページ