株価とは

株価は株式市場で目的の株に対して、まじかに約定があった場合の値段のことをいいます。

一方的に売ったり買ったりする注文が多くて、約定にならない場合の値段については気配値という名前が付けられています。

1日の間に株価というのは上下しますが、1日の最初に取引された株価のことは始値という名前が付けられています。

その反対に1日の一番最後に取引された株価については、終値という名前が付いています。

立会時間の中で一番高い株価のことは高値と呼びますし、一番安い株価の場合には安値といったような呼び方をしています。

この四つの値を合わせることで4本値という名前も付けられています。

1日の株価の動きをみるために重要な数字ですから、この四つの株価については必ずチェックしておいた方がいいかもしれません。

証券取引所の中で売買取引するときの株価のことを呼び値といった表現をすることもありますので、こちらも併せて覚えておきましょう。

株価というのはその性質上、変動するものですが、あまり急に変動するということは、投資家が不測の損害を被ることになり、1日に変動できる株価というのは、あらかじめ一定の範囲にて決められています。

この決められている制限のことは値幅制限と呼ばれているのですが、株価が値幅制限の限界まで急騰したり暴落したりすることを、新たな言葉で、ストップ高、ストップ安といったような表現をしています。

株価については、色々なことが原因で左右されつつ変動するのが特徴です。