IT資格とは

かつて時代の寵児としてもてはやされたIT。

現在ではすっかり普及し、いまやどの業種でもITの活用が不可欠となっています。

それだけにIT関連の資格にも注目が集まっており、就職・転職に役だつ資格として人気を集め始めています。

そんなIT資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

IT資格にもいくつかの種類があります。

エンドユーザー関連に活用されるタイプ、WEB関連に活用されるタイプ、設計・開発関連に活用されるタイプなどです。

エンドユーザー系としては初級シスアドやパソコンインストラクター資格認定試験、マイクロソフト・オフィス・スペシャリストなどが代表格として挙げられます。

事務処理から営業職、開発部門への橋渡し、さらには研修や講習会など幅広い分野で活躍することになります。

WEB系ではWEBデザイナー関連の資格が多くを占めます。

IBMホームページビルダー認定試験、WEBクリエイター能力認定試験、WEBプログラミング能力認定試験などが代表格です。

さらにJava認定試験などもIT関連の資格に挙げられるでしょう。

それから開発・設計では以前からコンピューター関連の資格として知られていたものが並びます。

Javaプログラミング能力認定試験、C言語プログラミング能力認定試験、基本情報技術者、情報セキュリティアドミニストレータなどが代表格として挙げられます。

初歩的なものから高度な専門知識が求められるものまで。

IT資格といってもさまざまなです。

業務内容や目的に合わせて取得する資格を選ぶ必要があります。