髪染め種類

髪染めにはさまざまな種類があります。

ただ染められればそれで良いと考えるのではなく、自分はどのように染めたいのかという部分まで考えて選ぶようにしてください。

髪染めの種類にこだわることにより、効率良く効果的に髪を染めることができるようになるからです。

髪染めの種類は大きく分けて3種類です。

1つは永久染毛剤で、これは白髪も黒髪も同じ色に染まるというものです。

その効果はとても強く、シャンプーしても色落ちすることが無く、効果も2~3ヶ月くらい持続します。

しかし成分が身体に吸収されやすいということから、体調不良の時やホルモン分泌が不安定になる生理前・生理中、妊娠時に使用することは避けましょう。

この系統の髪染めには、ヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、おしゃれ染めなどがあります。

2つめは半永久染毛剤で、こちらは毛髪の外側部分に定着するタイプです。

毛髪や地肌への影響が少ないというメリットがありますが、その反面効果自体は2~3週間です。

シャンプー1回で落ちるというものではありませんが、少しずつ色落ちしていくので注意しましょう。

このタイプはヘアマニキュアやカラーリンス、カラートリートメントです。

最後に一次染毛剤ですが、これは髪の毛の表面に顔料を付着させるタイプの髪染めです。

毛髪や地肌への影響はほとんどありませんが、一度のシャンプーで落ちてしまうという特徴があります。

気軽に使うことができるので、一度きりの染毛で使うと考えると良いでしょう。

こちらはカラースプレー、カラークリーム、カラークレヨンが該当します。